自動販売機のお手軽設置~利益が得られるオトク有効利用~

費用を把握しておく

黒い自販機

手のかからない副業として自販機を置く

いまやどこにでも設置されている自販機ですが、会社等では従業員のために置いてある所もありますが、自宅の前や空き地に設置して少しでも儲けようと考えている人も少なくないはずです。自販機というのは設置する場所と電気代がかかりますが、売れる商品と売れる場所にあれば一日で多ければ数千円の儲けになります。そのためには学校や会社やバス停の近く等で人通りが多いことが条件です。また、管理を全て業者に頼むのではなく、どの商品を置くか自分で決めて、商品が少なくなった場合に自分で補充するのであれば商品の仕入れ価格だけ支払えば良いのでより多くの収入を得ることができますが少しばかりの手間も必要になってきますし、常に商品が売り切れていないか確認していなければなりません。

設置することでかかる費用

自販機を設置することでかかる費用はどれくらいなのでしょうか。実は、自販機というのは業者からリースすることも買取って置くこともできるのですが、やり方によってはほとんどお金をかけずに置くこともできたり、莫大なお金がかかったりします。自販機の機械自体を購入し設置をするとなれば新品の機械代が安くても20万円とか30万円で最新式のものであれば140万円ほどかかりますが、中古では高くても20万から30万円かかりますが、メーカーと契約をするなどすれば初期費用がかからずスペースだけを提供すれば自販機を設置することができたり、業者から毎月代金を支払ってリースする場合は飲物1本あたり10円とか20円が戻ってくる程度ですので、売り上げによってとなりますので、かかる費用は多く売れれば支払いが大きくなるといった感じになります。