Kotlinオサレ説【ゆるいです】【モダン⭐︎プログラマ】


本日僕が持ってきた説がこちら!!

「Kotlin オサレ説〜!!!」(ハイパー浜田ボイス)


すみません、今日の記事はこんな感じでダラっと書きます。笑

まさか「水曜日のダウンタウン フォント」で検索かける日が来るとは思いませんでした。

そんなことあります???

調べたところ、水曜日のダウンタウンには

DFロマン雪A 
DynaFont

というフォントが使われているみたいです。↓詳細リンク

https://designpocket.jp/dl_font_category/detail.aspx?bid=15678

……

8,800円ッ…….!???

一ネタのためだけにそこまでお金をかけられなかったので、

すんごい微妙な完成度のアイキャッチ ができました。。TT

余談でした。


Kotlin…..柔軟で使いやすい….


先日から Kotlinでの関数の書き方 KotlinでのFragment実装 の記事で、

ちょくちょくKotlinの記事を書いているのですが、

Kotlin すごい良いです。。。

融通がきいてコード書いていて楽しいです。

「こんなところ省略してかけるの?

ここも推論してくれるの!?

Kotlin頭良いぃ。。。IDE頭良いぃ。。。」ってなります。

モダンな雰囲気をにわかに感じることができて、まるで自分が

オシャレ☆モダン☆プログラマ

になった気分になります!

余談でした。


Kotlinいいなと思ったポイント


本題です。

Kotlinでいいなと思ったポイントを挙げていきます。


findViewByIdが不要

KotlinではfindViewByIdがいらないです。

Button ageCategoryButton = view.findViewById(R.id.age_category_button);

⬆️ Javaだとこう書かなければいけないところを、

val ageCategoryButton = age_category_button

⬆️ KotlinではこのようにリソースIDを書くだけで済みます。

val ageCategoryButton = view.findViewById<Button>(R.id.age_category_button)

⬆️ KotlinでこのようにfindViewByIdを使うことも可能です。


プロパティに直接アクセスできる

Kotlinではプロパティに直接アクセスすることができます。

ageCategoryResult.setText(ageCategory);

⬆️ JavaだとこのようにsetTextを使ってテキストを設定していましたが、

ageCategoryResult.text = ageCategory

⬆️ Kotlinではこのようにプロパティに直接値を代入することができます。

※プロパティとはオブジェクトが持っているフィールドのことを示しています。

今回で言うと

オブジェクトが ageCategoryResult

プロパティが ageCategoryResult.text を示しています!

プロパティとは、財産、資産、物件、所有物、特性、属性、性質、効能などの意味を持つ英単語。ITの分野では、ソフトウェアが取り扱う対象(オブジェクト)の持つ設定や状態、属性などの情報をプロパティということが多い。


セミコロンがいらない

Javaで文末に必須だったセミコロン 『;』 が不要です。

セミコロン忘れのSyntaxError を防ぐことができます。


null処理が楽

Kotlinでは基本的にnullは許容されていないので、

Nullable の ? がついていない変数に null を代入するとコンパイルが通りません。

//strがnull
str.getText(); //NullPointerException発生

⬆️ Javaでは、 str が null だった場合にはNullPointerExceptionが発生していた上記のコードも

//strがnull
str?.getText(); //strがnullでなければgetText()をし、nullならnullを返すだけ

⬆️ Kotlinでは、 ?. をつけることにより、ぬるぽを回避することができます。

Kotlinでのnullの扱いは他にも色々あるので、また改めてまとめます。


When文が柔軟

Kotlinでの関数の書き方 で紹介しましたが、when文が柔軟で使いやすいです。

Javaでのswitch文にあたるwhen文ですが、

switchとは違い、範囲で条件を指定することができます。

val ageCategory = when {
    age < 0       -> "不正な年齢" /* ageが0未満の時 */
    age in 0..14  -> "幼少期"    /* ageが0以上14以下の時 */
    age in 15..29 -> "青春期"    /* ageが15以上29以下の時 */
    age in 30..44 -> "朱夏期"    /* ageが30以上44以下の時 */
    age in 45..59 -> "白秋期"    /* ageが45以上59以下の時 */
    age in 60..75 -> "玄冬期"    /* ageが60以上75以下の時 */
    else          -> "高齢期"    /* ageが以上のどれにも当てはまらない時 */
}


まとめ


本日の記事をまとめると

・水曜日のダウンタウンのフォントはDFロマン雪A

・DFロマン雪Aのお値段は8,800円

・Kotlinを使うとモダン⭐︎プログラマの気分になれる

ということでした⭐︎

以上だらっと書きましたが、

最近Kotlinにハマっているというお話でした。

色々知見まとめて今後Kotlinに関する技術記事書いていきます☺️

ご精読いただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です