【ダイエット】僕が無理せず楽に2ヶ月で5kg痩せた方法


前書き

僕はもともと太りやすい体質ではありません。

部活に毎日を捧げていた高校時代の体重は54kgです。

一時は「太れるものなら太ってみたい!」と
今聞くと蹴り倒したくなるようなことをほざいていました。

※花粉症じゃなかった時代にも
「花粉症になってみたい!」と
今聞くと殴り倒したくなるようなことをほざいていました。

しかし大学生、社会人になり、お酒を飲んで運動をしない日々を送っていると。。

緩やかに体重は増加していき、緩やかにお腹はぽっこりしていき、
体重は60kgを超えていました。

「まだ大丈夫。。でも20代でビール腹予備軍だと後からとんでもないことになる。。。」

この記事では60kgを超えてた僕が、
「高校時代の締まった身体に戻りたい!」と決起し
2ヶ月で5kg痩せた方法を紹介していきます。

参考までに、下記が2020/2/3 ~ 2020/4/8 (本日)までの僕の体重の推移です。

ゆるやかに減少し、お腹周りの脂肪が落ちて腹筋がスッキリ見えるよになりました。

では、僕がやったことを見ていきます。


1.胃袋を小さくする


これが思い立ってから初めにやったことであり、一番効果が大きかった方法となります。

具体的な方法を説明します。

人間の胃袋は沢山食べれば沢山食べるほど大きくなっていき、
その後も沢山のご飯を求めるようになってしまします。

これは逆もまた然りで、食べる量を抑えていると、
少量でも満腹感を得られるようになります。

なので僕は、会社で食べるお昼ご飯を

コンビニおにぎり ×1
コンビニ豚汁 ×1

のみにしました。

少ない!!と思ったあなた、
3ヶ月の僕もこの記事を見たら、おそらく全く同じ感想を持つと思います。

正直、最初の三日くらいはお腹が空いて結構しんどかったですが、
それ以降は慣れてしまってこれだけで十分と感じるようになりました。

Gackt、タモリ、ビートたけしなどなど、この世には1日1食の人も多くいます。

無理だと思わず是非トライしてみてください。

この量で案外十分なことに気がつきます。

さらにお昼ご飯をおにぎりと豚汁だけにすることで、
ダイエット以外にもいい事がありました。


・お金が減らない

僕は毎朝コンビニで買うものを、
おにぎり、豚汁、1Lの紙パックのお茶
この三つと決めているので、1日の出費が400円くらいです。


・お昼ご飯に悩まなくていい

しかも予め買うものを決めているので、一瞬で選んで一瞬でコンビニを後にします。
忍者の如き早技、瞬殺です。


・午後の仕事に集中できる

午後の仕事は午前より生産性が落ちていると感じたことはありませんか?
お昼ご飯でお腹がいっぱいになるとどうしても眠くなってしまいます。
これは人間の本能なので仕方がない事です。
そこでお昼ご飯を少なめにし、腹八分目、むしろ六分目くらいにしておく事で、
午後も午前と変わらない素敵なパフォーマンスを上げる事ができます。


・夜ご飯が楽しみになる

お昼ご飯を少なくすることにより、
心なしか夜ご飯がとても美味しく感じるようになりました。
人との会食もとても楽しみになります。


2.体重記録をルーティン化する


体重を毎日計って、自分の身体の状態を意識する。

基礎ですが、非常に重要です。

ポイントは、ルーティン化するということです。

歯磨きやシャワーなど毎日行なっていることってありますよね?

体重記録をそこと同じレベルまで持っていくのです。

コツとして、すでにルーティン化している行動と、
体重記録をセットにすると、簡単にルーティン化できます。

僕は毎朝シャワーに入るので、
シャワーから上がったら、下着入れの前に置いてある体重計に乗って、
パンツを履くよりも先に必ず体重を測るようにしました。

頑張るんじゃなくて、ルーティン化します。
ルーティン化は何事においても継続のポイントかなと思っています。

自分の体重を認識していることによって、

「ちょっと増えているから、あまり食べすぎないようにしよう」

「いい感じの体重になってきたから、このままをキープするために運動しよう」

こういった身体への意識が働くようになります。

体重を測らないと、そういった部分への意識が希薄になります。

もし恥ずかしくなければ、毎日自分の身体の写真を撮るのも有効です。

数値だけでなく、画像として認識できるので、より身体への意識を高く持つ事ができます。


3.ほんの少しでもいいから運動する

僕は少し完璧主義なところがあって、やるならガッツリやる、0 or 100派です。

筋トレもやるのであれば、ある程度時間かけてしっかりとやりたいと思っています。

しかしこの完璧主義は結構マイナスに働くことも多く、
少し挫折すると全く動けなくなります。。。

「毎日10kmランニング!」と決意してて60日程継続するも、高熱で1日走れない時があり、
それが原因でその後ピタッと走らなくなる。など

少しでもいいからやるべきです。

体重を意識するようになってから、

思い立ったら腕立て10回。とか

今日は一駅前で降りて、少し散歩しながら帰ろう。とか

少しの運動を大切にするように心がけました。

ポイントは、思い立ったら即行動です。

今もこの記事を書きながら、思い立って腹筋10回しました。

何はともあれ行動しなければ何も変化しません

これを読んでいるあなた。
記事を読んでいるだけだったのに、突然話を振られたあなた。

いつもだったらスルーすると思いますが、騙されたと思ってとりあえず
この瞬間に腹筋5回してみましょう。

もしできる環境にいなければ、10秒全力で腹筋に力を入れてみましょう。

今の少しの腹筋が、後の運動のきっかけにつながっていき、
なりたい身体になれるかもしれません。

今の少しの行動力が、少しずつ育って後の大きな行動力のきっかけになるかもしれません。


まとめ

今回紹介した僕のダイエット方法ですが、効果の順位をつけると

1.胃袋を小さくする ★★★

2.体重記録を毎日つける ★★

3.運動をする ★

です。

最初から全て完璧に行うのはハードルが高いです。

胃袋を小さくする
→少しだけ量を減らしてみる

体重記録を毎日つける
→体重計を目に入る場所に置いてみる

運動をする
→腹筋2回をしてみる

こんなところから、少しずつ少しずつ始めてみるといいと思います。

ほんの小さなきっかけですが、この記事を見たあなたの行動に繋がれば嬉しい限りです。

ご精読ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です