よく使うadbコマンド一覧【現役Androidエンジニア】


前段


現役のAndroidエンジニアがよく使うadbコマンド一覧を紹介します。

Android開発には必須なコマンド群になっています。


….「adbコマンドとは?」「どうやって使うの?」


という方はこの記事を読んでみてください!

Macでadbコマンドを有効化する


よく使うadbコマンド一覧


adb root

$ adb root

Android 端末にroot権限で接続することができます。

adbコマンド使用時に「Permission denied」と怒られる場合に使ってみてください。


adb reboot

$ adb reboot

Android 端末を再起動することができます。


adb install

$ adb install <apkファイル>
Success

自作したapkファイルを、Android端末にインストールすることができます。

Successと表示されれば、インストール完了です。

すでにインストールされているapkをアップデートインストールする時は、

オプションの -r を install の後につけることでインストールできます。

$ adb install -r <apkファイル>
Success

上記の方法を使って、現在入っているapkのバージョンより古いapkをインストールしようとするとエラーが起きます。

$ adb install -r <古いapkファイル>
Failure [INSTALL_FAILED_VERSION_DOWNGRADE]

このような時は、ダウングレードを許容する -d のオプションをつけることによって、インストールが可能になります。

$ adb install -r -d <古いapkファイル>
Success


adb logcat

$ adb logcat

adb logcat でAndroid端末のログを取得できます。

「control + c」で取得を中断できます。

$ adb logcat > hoge.log

> ログ名.log をつけることによって、ログ名.logファイルとしてログを取得することができます。

adb logcat を入力すると、Android端末に流れている全体のログを取得できます。

とても多い量で、目当てのログを見つけるのが大変だったりします。

そんな時に便利なのが -s オプションです。

$ adb logcat -s <取得したいログのTAG>

-s の後に、取得したいアプリのTAGを入力することで、取得できるログをフィルタリングをすることが可能になります。


TAGはこのようにクラスごとに決められていることが多いです。

$ adb logcat -s MainActivity
2020-04-11 12:48:08.450 7907-7907/com.example.myapplication D/MainActivity: Test button pressed!

-s の後にTAGであるMainActivityを指定することによって、

MainActivityのログだけ出力することが可能になります。

-c オプション

-c オプションを使うことによって、コマンドを入力した時点からのログを取得できます。

裏を返せば、-c オプションを使わなければ、Android端末起動時からのログが全て取得できることになります。

ログの量が大量になるので、必要な時点のログだけ取得するということで -c はよく使われます。

さらにこのような合わせ技も使われます。

$ adb logcat -c && adb logcat -s MainActivity

&& で -c オプションと -s オプション両方を使っています。

このコマンドにより、コマンドを叩いた時点からのMainActivityだけのログを取得することができます。

取得されるログが精査されてとても便利です。


adb shell

$ adb shell

Android端末の中に侵入するイメージです。

adb shell した後は、lsやcdなどLinuxのコマンドと同じコマンドが使えるようになります。

exitでシェルを出ることができます。


adb devices

$ adb devices

接続されているAndroid端末を確認することができます。


adb pull

$ adb pull <端末のパス/持って来たいファイル>

Android端末の中にあるファイルをPCに持ってくることができます。


adb push

$ adb push <ローカルのPushしたいファイル> <端末のPush先パス>

pullと反対に、PC上のファイルをAndroid端末の中に入れることができます。


インテントの発行

$ adb shell am start -n com.sample.app/.MainActivity

MainActivityが起動します。-n の後は発行したいインテントに読み替えてください。

$ adb shell am broadcast -a android.intent.action.BOOT_COMPLETED

起動完了通知(BOOT_COMPLETED)のBroadcastを発行することができます。

-a の後は発行したいBroadcastに読み替えてください。


まとめ

いかがでしたでしょうか。よく使うadbコマンドについて理解できましたでしょうか?

adb logcat などは、アプリのデバッグに非常に有効であり、うまく使えば開発を加速させてくれます。

是非使いこなして有意義なAndroidアプリ開発ライフを送ってください!

ご精読ありがとうございました!!

よく使うadbコマンド一覧【現役Androidエンジニア】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【Android開発】Macでadbコマンドを有効化する方法 | Memento Mori Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です