Macでadbコマンドを有効化する手順 【Android開発】


1.adbコマンドを使用するための事前準備


ADBとはAndroid Debug Bridge の頭文字をとったものです。

adbコマンドを使用できるようになると、

PCからAndroid端末に、アプリのインストール、ログの取得、デバッグ処理など

様々な処理ができるようになります。

Androidアプリを開発する上では必須となるコマンドとなります。

adbコマンドを有効化するには、まずAndroid Studioのインストールが必要になります。

まだインストールされていない方は、

Android Studioのインストール方法

こちらを参考にインストールしてみてください。


2.adbコマンドの有効化


Android Studio をインストールしただけの状態で、

Terminal で adb コマンドを使おうとしても以下のようなエラーが出て使えないと思います。

$ adb version
bash: adb: command not found

adb コマンドにパスを通す必要があります。


adb コマンドにパスを通す方法

.bash_profile にパス情報を記載していきます。

viエディタ、もしくは nano コマンドを使用して、

Terminal から直接 .bash_profile を編集していきましょう。

今回は nano コマンドを使用します。

$ nano ~/.bash_profile


.bash_profile の末尾に下の2行を追記します。

export ANDROID_HOME=/Users/$USER/Library/Android/sdk
export PATH=${PATH}:$ANDROID_HOME/tools:$ANDROID_HOME/platform-tools


追記が完了したら「control + X」を入力して、変更内容を保存します。

保存しますか? (Save modified buffer?)と聞かれるので、「y」を入力します。

n」を入力すると変更が破棄されます。


File Name to Write と表示されたら 「Enter」で変更を確定します。

本当に変更されたか、念のため cat コマンドで .bash_profile の中身を見てみましょう。

cat コマンドは Terminal 上からファイルの中身を見るためのコマンドです。

$ cat ~/.bash_profile

上の画像のように変更が確認できれば成功です。

設定を全体に反映させるため source コマンドを入力します。

$ source ~/.bash_profile


adb が使えるようになったか確認します。 

adb vesion と入力してみましょう。

$ adb version
Android Debug Bridge version 1.0.41
Version 29.0.6-6198805
Installed as /Users/hoge/Library/Android/sdk/platform-tools/adb

これでadbコマンドを使えるようになりました!!

Androidアプリ開発の参考になれば嬉しいです。

具体的なadbコマンドについては

よく使うadbコマンド一覧【現役Androidエンジニア】

こちらの記事にて紹介していますので、併せてご覧ください!

ご精読ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です